御蔵島や徳之島のダイビングツアーの内容とは?ライセンスについても解説します

御蔵島や徳之島のダイビングツアーの内容とは?ライセンスについても解説します

ダイビングをする場所として人気が高い徳之島や御蔵島。しかしどんなツアーあるのか詳しくは知らない人もいるのではないでしょうか。今回の記事では御蔵島や徳之島のツアーの内容や魅力や他にも本格的に潜る為に必要なダイビングライセンスについても詳しく解説します。

徳之島のダイビングツアーの内容や魅力

サンゴの島としても有名な徳之島は透明度も高く、島の周辺がダイビングスポットとしても有名です。特にウミガメとの遭遇率はとても高いと言われています。観光地としてはされていないため、自然が豊かな所や、未開拓の場所がある所が魅力のひとつです。

徳之島のダイビングツアーはダイビング専用のクルーザーで案内してくれることや、ツアーによってナイトダイビングもできます。インストラクターが天候や参加した人達のレベルによってベストな所を案内してくれます。

ダイビングスポットもいくつかあり、ダイビングスポットにより初心者向けや中級者向け、上級者向けと分かれています。

  • 千間海岸(ウミガメの遭遇率が高い)
  • シオトビヤ(天候に左右されやすいので中級者向け)
  • トンバラ(上級者向けですがスキル向上にはもってこい)
  • 金見ブルーホール(初心者や女性に人気が高い)
  • ビックシェル(潮の流れが穏やかで初心者にも挑戦しやすい)
  • テラ(ビーチエントリーでもあり、初心者向け、冒険気分を味わえる場所も有り)
  • 平土野(潮の流れが少し強い為、中級者向け)
  • 黒畦(中級者向けですが、港からは近い為ので、船酔いをしやすい人にはオススメ)


ただ、どのダイビングスポットも海を潜るライセンスカードがないと基本的に潜らせてもらえません。

しかし、徳之島のダイビングツアーでは体験ダイビングも行っています。水着とバスタオルさえ準備しておけば参加することができるので、ライセンスを持っていない場合体験型のツアーに参加することをオススメします。

参加条件として10歳以上、未成年者の場合同意書が必要、60歳以上の方は医師の診断書が必要と条件がいくつかあります。

体験ツアーの流れ

体験ツアーにはビーチダイビングとボートダイビングと種類が分かれており、船に酔いやすい人の場合はビーチから参加できる、ビーチダイビングの方が安心して体験できます。

ボートダイビングは海の状況によりポイントを決めるので、大物と偶然出会える確率もあがりますが、海の状況があまりよくないと安全を優先してビーチダイビングの方に変更されることもあります。

以下に、体験ツアーの流れを紹介します。

受付と体調チェック

当日に健康状態を確認、また潜る前のアルコールは禁止されています。

ウエストスーツを着用

ウエストスーツは浮き輪や日焼け対策の役割もしております。

水中活動の説明

ここで機材の使い方、呼吸の仕方、水中でのコミュニケーションの取り方など海の中で動き方など詳しくインストラクターが説明してくれます。

ボートにのってそこから足元に注意しつつ海へ降ります。

ボートで移動している間も想像以上に揺れたりして危険なので動き回らずに、インストラクターの指示に従い、海に潜ります。

インストラクターの指示に従いつつ海の中へ

海の中はインストラクターの指示を、必ず見逃さないようにしておかないと危ないので気を付けましょう。また海中では記念撮影や、餌付け体験もできます。

帰港

港に帰ったらちゃんとシャワーを浴びて解散となります。解散した後も元気があれば、ショッピングを楽しむなど他の事でも楽しみましょう。

御蔵島のダイビングツアーの内容について

イルカが住む島とも言われる御蔵島のダイビングツアーの魅力は野生のイルカと出会えることです。ドルフィンスイムというイルカと泳ぐことに関してはシュノーケリングができるならダイビングライセンスは必要がありません。

ですが初心者の方はもちろん、ダイビングのライセンスを持っている人もシュノーケリングを慣れておくために、出発前に行われるドルフィンスイムスクールに参加しておくべきです。参加が難しい人のためにも当日の午前中にはトレーニングを行われます。

楽しむためには安全が第一ですのでどちらかには必ず参加してかないと潜ることはできません。

ドルフィンスイムスクールでは室内プールでシュノーケリングの基本講習と実践、スキンダイビングの基本講習と実践を行います。レベルに合わせてレッスンや安全講習も行っています。

さらに注意点として御蔵島は薬屋がないので、船酔いが気になる方は、船に乗る前に酔い止めを飲んでおきましょう。

ダイビングライセンスとは?

上記に挙げた体験ツアーとは違い、本格的に上級者向けや中級者向けの所を潜りたいと考えている人にはダイビングライセンスが必要になります。

ダイビングライセンスはダイビングショップやスクールに通ってライセンスを取得できます。ライセンスもランクがあります。

初心者から趣味で始めたい人なら最短で1日でライセンスが取れることができますが、ダイビングできる範囲内やプロのダイバーが引率してもらわないといけないなど、条件もあります。

ライセンスが上がるにつれ、潜水できる距離も増えますし、他にも水中ライトのみで泳ぐこともできます。

まとめ

ダイビングというと敷居が高いイメージがありますが、徳之島のような自然が豊かで、透明度が高い海を満喫することや、御蔵島でイルカと泳ぐのに、ダイビングスキルはもっておくべきです。

東京ダイビングスクールNEOでは初心者やシニアの方、さらにプロの方までダイビングライセンスの取得までサポートしてくれるスクールです。どんな事を学ぶのか不安な人のためにも無料説明会も行っているので、わからない事も無料説明会の時にお気軽にご質問ください。

ライセンス取得応援キャンペーンも行っているので、ダイビングを始めてみたいなと考えている人はぜひ一度、無料説明からでも大丈夫ですので、気軽にお問い合わせください。

初めての方へ 当店でライセンス(Cカード)を取得する3つのメリット

受講をご希望の方はまずは無料説明会にご参加ください!

ページ上部へ
12:00~21:00 月曜、第2・4火曜定休
ネットで予約する
電話でのご予約・お問い合わせはこちら 電話番号:03ー5340ー7620