はじめてのスキューバダイビング!ライセンス講習の期間と内容とは

はじめてのスキューバダイビング!ライセンス講習の期間と内容とは

都会の喧噪を離れて、普段経験したことのない、非日常な世界を楽しめるのがダイビングの最大の魅力です。見たこともない珍しい魚など、自分の知らない生き物と遭えると思うだけでも楽しめることでしょう。

でも、ダイビングを始めるにあたって、どうすれば始められるのか、費用や期間はいくらぐらいかかるのかなど、興味があっても、わからないことが多くて不安に思う方も多いでしょう。

この記事では、ダイビングを始めるために、まず必要となるライセンス講習にスポットを当てて、初心者向けのコースにかかる期間と、講習内容を紹介したいと思います。

スキューバダイビングを始めようと思ったら

たとえばあなたがダイビングをしようと思い立ったとしても、いきなりできるわけではありません。自由にダイビングをしたいのであれば、Cカードと呼ばれるライセンスが必要なのです。

Cカードとは潜水に関する規定の指導を受けて、認定されたことを証明するものです。このカードが無ければ、ダイビングに必要なタンクやレンタル器材を借りることができません。したがってダイビングを始めようと思ったら、ダイビングスクールやダイビングショップに通ってライセンスCカードを取得する必要があります。

ダイビングのライセンスは、民間団体が発行しているものです。有名な団体としてはPADIがありますが、その他にもSSI、NAUI、CMAS、BSACなど、多くの団体があります。ライセンスには法的な規制は無いのですが、ライセンスを持っていない人はダイビングすることはできません。

ライセンスCカード

ひとことでCカードと言っても、実はいくつかの種類があります。スキューバダイビングを本格的に楽しみたいのであれば、水深18メートルまで潜ることができるオープンウォーターダイバーを取得すると良いでしょう。

ダイビングスクールで開設されている、オープンウォーターダイバーのライセンスを取得するためのコースでは、潜水計画から器具の使用方法、トラブルの回避、海況の判断など、ダイビングを安全に楽しむために必要な知識とスキルを身につけることができます。

この講習を修了すると、ダイバーとして必要なスキルを身につけた証明として、Cカードが発行され、監督者がいなくてもダイビングを楽しめるようになります

ライセンス講習

では、Cカードを取得するための、講習内容を見ていきましょう。ここでは、最初に取得するであろう、オープンウォーターダイバーのライセンスを取得するためのコースについて説明したいと思います。通常は3日から4日間くらいの期間で、Cカードを取得することができます。

1日目:学科講習

講習時間は約3時間です。1日で全部終わらせる必要なく、2日に分けて受けることもできるようになっているスクールも多いようです。

この講習で学ぶことは、安全にダイビングをするために必要な知識です。ダイビングは、普段と違う環境で行うスポーツです。水中という特別な環境で行うわけですから、身の安全を守るためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ダイビングは器材に依存するスポーツです。水中では、レギュレーターなどの器材を使わないと呼吸ができません。また、ものの見え方や聞こえかたなど、さまざまなことが陸上とは異なります。講習では、こうした器材の使い方や、環境にあわせた制御の仕方など、器材に関して多くのことを学びます。

ライセンスを取得するときに、最も重要なことは、「安全に」ダイビングするための、知識と技術を身につけることです。講習では、機材の準備の仕方や実際の使い方、トラブルへの対処方法、水中での身体にかかる負荷や変化、安全に潜るためのルールなど、一般的なダイビングに関連する知識を学ぶことになります。

2日目:プール講習

水中での講習はプールから始まります。まずは、足で立てる深さのところから練習を始めます。慣れてきたら、ダイビング専用の5メートルの深さのプールに移動し、プールの中でトラブルの対処や、基本的な水中でのスキルを学びます。

講習は、経験豊富なインストラクターによって行われます。インストラクター1人あたりの受講者の数も決められていますので、安全にはしっかりと配慮された講習となっています。

プール講習では、ダイビングの基本である、器材の装着方法や使用方法やトラブル時の対応、たとえばレギュレーターが外れてしまったときのリカバリやクリアの仕方や、マスクの脱着の仕方から、マスクに水が入ったときのマスククリアの方法、エア切れになってしまった時に、バディの予備の空気源を吸う方法や、ハンドシグナルの方法などを学びます。

3~4日目:海洋講習

プール講習で学んだスキルを、実際の海で練習します。海洋実習の目的は、海に慣れることです。プール講習で習ったダイビングの知識と技術をつかって、海に実際に潜るために少しずつ海の環境に慣れていくのです。

海洋講習では、プール講習で習ったことをはじめて実践する機会です。そして、ようやく楽しみにしていた海でのはじめてのダイビングです。海洋実習を経て、あなたもダイバーへの第一歩を踏み出すことになるのです。

海洋講習では、まずはエントリーといって海の入り方を学びます。そしてプール講習で学んだマスククリアやレギュレータリカバリなどを、海洋で実際にできるか試します。

それができると、実際の海で潜行と浮上の練習をします。そのほかにも、どのようにして水中の位置を把握するか水中でのナビゲーションを学び、身の安全を確保するために重要な緊急時の対応を学びます。

このように海洋実習では実践的なスキルを練習し、ダイバーとして海に潜るための基礎的な知識と技術を身につけます。

まとめ

スキューバダイビングを始めようと考えている方に、ライセンス講習の内容を中心に説明してきました。

東京ダイビングスクール NEOでは、初心者でもライセンス取得をじっくりと検討できるように、ライセンス取得に関する無料説明会を実施しています。

無料説明会では、ライセンス取得の流れから、海でのリスクまで詳細に説明がありますので、ダイビングのライセンス取得を検討している方にとってはいろいろな知識を得られる良い機会です。スキューバダイビングを始めようと考えている方は、この無料説明会に参加してわからないところを確認してみてはいかがでしょうか。

初めての方へ 当店でライセンス(Cカード)を取得する3つのメリット

受講をご希望の方はまずは無料説明会にご参加ください!

ページ上部へ
12:00~21:00 月曜、第2・4火曜定休
ネットで予約する
電話でのご予約・お問い合わせはこちら 電話番号:03ー5340ー7620